未来を担うVR

VRの今と未来                                                                                           プリントはこちら

そもそもVRとは?

Virtual Reality(バーチャルリアリティー・仮想現実)の略称のことで、コンピューターによって作られた仮想的な世界を、あたかも現実世界のように体感できる技術です。
この技術を体験するには、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)と呼ばれる、ゴーグル型のデバイスを頭部に装着する必要があります。
HMDを利用したVRでは、顔の向きに合わせて360度、上下左右に、現在自分が存在する空間とは異なる仮想空間が現れます。またHMDに備えられている各種センサーによって、動きや傾きなども測定され、奥行きのある仮想空間内を移動したり、目の前の物体が本当に迫ってくる、あるいは本当に触れられそうになったりするような臨場感あふれる体験ができます。最近はスマートフォンをセットして使う手軽なHMDが多く出回っています。

VRの仕組み



↑この表示があった場合許可しないと動画が再生されません。
この動画は、スマートフォンをセットする形のHMD僕らの学校をVRで見た時にスマートフォンに映っている映像です。
VRを体験する時には両目に異なる映像を映します。なぜ異なる映像を映す必要があるのか。それは現実世界でも左右の目はそれぞれ少しずつ違う角度から見ているため、VRで見るときも少しずらすことで不自然でないようにしています。
よく見ると動画が少し歪んでいるのがわかると思います。これはHMDにスマートフォンをセットしたときスマートフォンと目の間にレンズが入っており、それによってスマートフォンに平面で映し出される映像に立体感を出すことを可能にしています。

VR・AR・MRの違い

VRは上で述べた通り、Virtual Reality(バーチャルリアリティ・仮想現実)の略称のことで、コンピューターによって作られた世界を体験することができるものです。
一方、ARとは、Augmented Reality(オーギュメンテッドリアリティ・拡張現実)の略称のことで、コンピューターを利用して、現実の風景に情報を重ね合わせて表示する技術です。
また、MRとは、Mixed Reality(ミィクストリアリティ・複合現実)の略称のことで、現実世界にCGの仮想世界を融合させるだけではなく、操作をすることができる技術です。
以上の3つの違いは、VRは仮想現実に重点を置いたもの、 ARは現実世界に+αで仮想現実を入れたもの、 MRは、現実世界に仮想世界を入れていて、操作もできるという、まるでVRとARが合体したようなものです。
                                                                                    →もっと詳しく知りたい方はこちらへ


≪ホームへ                次のページへ≫