未来を担うVR

VRの活用事例

①宇宙産業
実際に体験するのが難しい宇宙空間での作業訓練でもVRは活躍しています。
NASAでは1980年代からトレーニングの場面でVRを活用してきました。 最近では映像だけではなく「物理的感覚」を利用して、よりリアルな宇宙空間を体験できるステップに来ています。
ジョイスティックなどを利用して月面の上で月面車を走らせるなど、より実践的なトレーニングが行えるようになります。


②ショッピング
VRを利用すればショッピングも簡単かつ安心して行えます。地方に住む人が都会へ買い物に来るのは一苦労なので、大変便利です。 VRを利用すれば大型店舗に本当に買い物に来たような体験ができ、決済までVR上で行えます。バーチャル空間とリアル空間を融合させて、新たなショッピング体験を作り出しています。

③教育
よりリアルに近い体験をどこでも可能にするVR技術は、教育現場でも大いに活用されています。深海や宇宙といった実際に行くことが難しい場所でも、VRを利用してバーチャルトリップが可能です。
また3Dメガネと専用のペンを使うことでさまざまな疑似実験も行えます。
例えば、ホログラフィックで浮かび上がった生物を専用のペンを使って解剖したり、車など複雑な機械の仕組みでも内部を確認しながら理解できます。
バーチャル空間の中でも生徒同士でグループワークできるコンテンツもあるため、1人の世界に没頭しがちなVRでも複数の生徒で同時に利用できます。

④医療
VRは医療分野でも活用されています。患者がVRで高所や人混みを体験し、高所恐怖症や対人恐怖症を治療するなど効果的な心理療法が可能となっています。
また、医者がVRを利用して職業訓練をしたり、手術現場をよりリアルに体験することができるので、研修医の育成にも使われています。
また患者の体内をVRで見ることにより、これまでの技術では見落としてきたような症状も漏らさずチェックできるようになりました。

≪前のページへ                次のページへ≫