未来を担うVR

用語集

・リンク・トレーナー

1930年代初めから1950年代初めにかけて使用されたエドウィン・リンクが開発した一連のフライトシミュレータ製品のことを言います。

・ビューマスター

これは、双眼鏡を除くようにリーム型のフィルムを見るデバイスで、最初は大人向けの教育用として出されましたが、後に子供のおもちゃになってしまいました。

・トラッキング機能

人の行動やシステムの挙動、データの推移などの情報を継続的に収集、監視する機能。

・NASA

アメリカ合衆国政府内における宇宙開発に関わる計画を担当する連邦機関のこと。

・ジャロン ラニアー

バーチャルリアリティの他、ビジュアルプログラミング、シミュレーション、高速ネットワークなどの応用を研究していた人物。
“バーチャルリアリティの父”と呼ばれていました。

・データグローブ

コンピューターと人間とのインターフェース用装置の1つであり、人間の手の単純な動作から情報入力を直感的に行えるセンシング装置として考案された電気仕掛けの高価な手袋のことです。

・SEGA

コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム)並びにソーシャルゲーム(主にSNS上で提供されるオンラインゲーム)の開発、製造、販売を行うセガサミーグループの企業

Oculus Rift

Rift(リフト)は、Oculus社が開発・発売しているバーチャルリアリティ向けヘッドマウントディスプレイ。


≪「VRについて」にあった用語一覧へ                クイズのページへ≫